化粧品と医薬部外品の違いを知っていますか?

医薬部外品

化粧品売り場には化粧品と医薬部外品がありますが、どちらがどういいのかわからなくなったりしませんか?
薬用とついていると薬ですからすごく効きそうですし。。。

ここでは化粧品と医薬部外品の違いについて、簡単にまとめてみましたので参考にしてみて下さい。


Ads by Google

化粧品と医薬部外品の違い

医療品

化粧品とは全く異なり、病気の治療を目的としているもので、病院や薬剤師のいる薬局でしか買う事ができません。配合されている有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防に使われる薬の事を医療品と呼んでいます。

化粧品

化粧品は美容を目的とするもので、作用がゆるやかです。薬事法では、人の身体に清潔、美化、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に使うものとされています。
「化粧品」は2001年4月以降、全成分の表示が義務づけられたので、どのような成分が含まれているのかが明確にわかるようになりました。

医薬部外品

医薬部外品は、医療品と化粧品のちょうど中間の位置にあたるものですが治療はできません。
薬事法で医薬部外品と表示するように決まっているものとしては、パーマ液、浴用剤、薬用化粧品などがあります。特に薬用化粧品では同じニキビ用でも化粧品と薬用化粧品とがありますが、これは薬剤の量と有効性の違いで別れているのです。
同じ作用を持っている化粧品と医薬部外品とでは、医薬部外品の方が薬剤の量も多く、有効性が高いと言われています。


薬用となっている化粧品は医薬部外品の場合が多く、あくまでも治療はできませんので、普段からのお手入れに利用して下さい。


また、医薬部外品は全成分表示の義務づけはなく、指定表示成分の表示のみでよいままです。

いかがでしたか?

化粧品も医薬部外品も「治療」はできませんが、医薬部外品のほうが有効性が高いと言われています。しかし、成分の公開がされていませんので、自分のお肌にはどちらが良いか慎重に検討して下さいね。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索