トマトジュースで痩せることが科学的に証明された!

トマトといえば、リコピンなどアンチエイジングにも有効な成分があるとは皆さんご存知では?

そんなトマトから新たに、脂肪を燃焼される成分が発見されたのです!


Ads by Google

トマトの痩せる成分って?

京都大大学院農学研究科の河田照雄教授らの研究グループが、トマトの痩せる成分を見つけ、2012年2月10日付けの米科学誌プロスワン電子版に掲載されました。

13-OXOーODA

そのトマトの痩せる成分とは、「13-OXOーODA」というもの。
コレステロールの減少に役立つ不飽和脂肪酸の一種であるリノール酸の仲間だそうです。

実験結果は?

痩せる成分の「13-OXOーODA」を4週間マウスで比較実験を行いました。
この成分を与えたマウスは、血液や肝臓内の中性脂肪が約30%、血糖値は25%減少したそうです。

トマトをどれくらい食べればいいの?

トマトを1日6個!!

ダイエット効果が期待できる量は、なんと1日に6個!(多い・・・)
朝・昼・晩と、1回に2個ずつ計6個食べるのがいいとか。

トマトジュースの方が楽チン!

生のトマトよりも、加熱処理をされたトマトジュースの方が有効成分が多く含まれているそうです。
トマトジュースなら、200mlを(コップ一杯程度)を毎食飲めばいいので、これなら続けれそうですよね。

トマトジュースが苦手な場合は?

トマトは好きでもトマトジュースが苦手・・という方もいますよね。
そういう方は、ホールトマト缶を使って、トマトスープを作ってみてはいかがでしょうか?
玉ねぎなど他の野菜も一緒に煮込むことで、酸味が和らぐし満腹感もアップ。
食事前に取り入れることで、食事の量も減らせそうなので、ダイエット効果もアップしそうです!

いかがでしたか?

加熱処理をしてもOKなので、トマトスープとか料理にトマトを使ったりなど色々できそうです。
品種改良で、この痩せる成分を増やしたトマトもできてくるかもしれませんね!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索