大人気!えのき氷ダイエットの効果とやり方・作り方

えのき氷

ためしてガッテンやはなまるマーケット、ヒルナンデスでも紹介され、人気のえのき氷ダイエット!

えのきを氷にして色んな料理に使うダイエット方法なのですが、
ダイエット以外にも美肌効果や生活習慣病・糖尿病の改善にも期待できるとあって、人気なんです(^O^)

今回は、えのき氷ダイエットのやり方と効果を詳しくご紹介します☆


Ads by Google

えのき氷ダイエットの効果

えのき氷とは?

えのき氷とは、エノキをペースト状にして炒めて凍らせてストックできるようにした物です。
エノキはそのまま食べても、低カロリーで食物繊維も豊富なのでオススメ食品ですが、ペーストにすることでキノコキトサンなどの吸収率がアップするのです!

キノコキトサンとは?

エノキタケには、他のきのこよりも多くの『キノコキトサン』という成分が含まれています。

キノコキトサンは、摂取した油分の約50%の吸収をカットしたり、すでにある脂肪を燃焼する効果があります。

この、きのこキトサンは、エノキタケの細胞壁にありますので、ペースト状にする必要があります。

美肌に嬉しいトレハロースも配合!

えのき氷には、乾燥肌やシワが気になる人に嬉しいトレハロースが配合されています!

えのき氷の作り方

材料

えのき氷 12キューブ×8パックセット

  • エノキ:300g
  • 水:400ml

エノキ氷を作るには、お鍋・ミキサー・製氷機が必要です。
通常サイズのエノキ1パックは可食部で100gちょっとということですから、3パックあると良いですね。

作る前に注意するポイント!

エノキタケは、水で洗うと栄養分や旨味成分が溶け出してしまうのでやめましょう。
石づき部分を切った後に土などが気になる人は、下の方だけ少し水をかける程度にしましょう。

作り方

  1. エノキの石づき部分を切り落として、ざく切りにします
  2. ミキサーにカットしたエノキを入れ、水400mlを入れて30秒くらいかけてペースト状にします
  3. 鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰めます
  4. 火を消してあら熱を取ります
  5. 製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせたら完成!

えのきを60分煮詰める理由は?

ペースト状にして弱火でゆっくり1時間煮詰めることで、キノコキトサン、β―グルカン、アミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸などの有効成分が抽出されるのです。

ちなみに凍らせるのもエキス抽出のために大切な工程なのです。

ちょっと面倒かもしれませんが、これらの工程が威力を発揮するのですね!(*^_^*)

えのき氷の使い方レシピ

えのき氷 12キューブ×8パックセット

エノキ氷はお味噌汁に加えたり、炊き込みご飯に加えたりするとコクがアップします♪
たまご焼きやスープやカレーなどにもよさそうですね( ´▽`)b!

えのき氷の作り方動画もご紹介☆



いかがでしたか?

鶏ガラスープのスープストックのように、常備しておくと色んな料理に使えて便利そうですよね☆
10kg痩せなどかなり効果があると噂のエノキ氷。
ただ、これだけ食べていたら痩せるというわけではありません。日々のバランスの良い食事を心がけることをお忘れなく♪
気になる方・お料理好きな方は試してみてはいかがでしょう!(*^○^*)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索