【化粧品成分】化粧品に含まれる界面活性剤とは?

みなさんも中学校の家庭科の時間に、界面活性剤については学んだ事が有るのではないでしょうか?
洗濯をする際に洗剤に含まれている成分で、衣類から油分の汚れを取り、水の中に混ぜる物質です。
実はこの界面活性剤が全く違う目的で化粧品の中にも含まれているのです。


Ads by Google

界面活性剤って?

クリーム状にするための乳化剤としての界面活性剤

洗濯用洗剤の中の界面活性剤ほど強力ではありませんが、化粧品の中には乳化剤として界面活性剤が含まれています。
油性成分と水分をなじませて、とろりとしたクリーム状にする乳化剤として界面活性剤が含まれているのです。

洗剤の合成界面活性剤

界面活性剤には人工のものと天然のもののがあり、合成界面活性剤は合成洗剤の原料でもあります。
合成洗剤を使うと、肌荒れや湿疹がおこる理由について研究した結果、合成界面活性剤には角質タンパクを変化させてしまう性質や、皮膚から皮脂を奪い取る作用があることがわかっています。
お肌が長い間、皮脂を奪われ続けると乾燥肌になってしまいやすいと考えられます。

化粧品に使われる合成界面活性剤

化粧品に使われている界面活性剤もほとんどが合成界面活性剤です。
化粧品に使われている合成界面活性剤は、洗濯用洗剤の中の界面活性剤ほど強力ではありませんが、お肌のトラブルの素になりやすいことがわかって来ています。
しかし、最近では合成界面活性剤の開発が進んだ事と、化粧品への意識が高い方が避けているのもあって、合成界面活性剤によるお肌のトラブル事例は昔よりは少なくなって来ています。

合成界面活性剤を使用していない化粧品

敏感肌の方や、自然派コスメ・オーガニックコスメが好きな方に人気の、合成界面活性剤フリーの化粧品リストもあります。

店頭やネットでは、なかなか見つけるのが難しいのですが、美肌マニアでは成分から探す事ができますので、簡単に見つける事ができますよ☆

いかがでしたか?

スキンケアを頑張っていてもお肌のトラブルが絶えない場合は、合成界面活性剤の影響かもしれません。一度ご自身がお使いの化粧品も見直してみましょう♪



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索