覚えておきたい!糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは


ビールやダイエット食品などに見る「糖質0」や「糖類0」。
この違いをご存知ですか?
糖類ゼロでも糖は入っているかもしれません。

今回は「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」の違いについてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

糖質ゼロとと糖類ゼロの違いは?

糖質オフ

糖質とは、糖アルコールや人工甘味料など糖分すべてに当てはまります。
「糖質オフ」は、食品100g(飲料100ml)当たり、糖質の含有量が5.0g未満(2.5g)の場合に表示可能です。

糖質ゼロ

食品100g当たり(飲料100ml当たり)、糖質の含有量が0.5g未満に表示可能です。
0.5g以下なら「糖質0」と表記してもOKなんです(´∀`)

糖類ゼロ

糖類とは、ブドウ糖、果糖、乳糖、麦芽糖、ショ糖などにあたる単糖類,二糖類のこと。
「糖類ゼロ」と書かれていても、上記以外の糖質が入っている可能性があります!
「糖類ゼロ」の表示は食品100g当たり(飲料100ml当たり)、糖類含有量が0.5g未満の場合に表示可能です(´∀`)

糖類に入らない甘味料とは?

  • 多糖類(オリゴ糖、でんぷん)
  • 糖アルコール類(キシリトール、マルチトール)
  • 高甘味度甘味料(スクラロース、アセスルファム K)

そのほかにも・・・

厚生省の栄養表示基準で決められている糖分についての表示です。

シュガーレス・シュガーフリー

糖質ゼロ同様です。
食品100g当たり(飲料100ml当たり)、糖質の含有量が0.5g未満に表示可能です。

砂糖不使用

砂糖(ショ糖)を使用していないという意味で、原材料にショ糖やその他の糖質が含まれていることがあります。

いかがでしたか?

糖類の過剰摂取は糖化にもつながります。
「糖質」と「糖類」の違いを理解して、上手に摂取しましょう(´∀`)
「痩せたいけど飲みたい!缶ビールのカロリー・糖質比較」も参考にしてください☆



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索