シミを予防する栄養素とサプリメントの選び方

シミ

お肌のしみ。女性にとってやっかいで悩みの種ですよね。
シミやくすみが見た目年齢を引き上げてしまいます。
これから出来るシミを予防する事で、シミが目立たない若々しいお肌を作りましょう。


Ads by Google

シミができるメカニズム

シミは紫外線にあたることで、メラニン色素を作って自ら防御しようとします。
ハリのある健康なお肌なら通常メラニン色素はターンオーバー(皮膚の新陳代謝)の28日間で剥がれ落ちて元の色に戻りますが、そのターンオーバーがうまくいかずにメラニン色素が色素沈着を起こし、シミとなります。

紫外線で受けたダメージによって、メラニン色素の生成量がふえたまままになったり、正常な細胞の入れ替わりが行われずに色素沈着を起こしてしまうのが、ターンオーバーがうまくいかない理由です。

また、ニキビや肌荒れをケアせずに放置すると色素沈着をおこすこともあります。

シミを予防する方法

シミを予防するには、紫外線の影響を最小限にとどめる事が重要です。
夏に限らず一年中外に出るときは帽子や日傘、サングラスで紫外線対策をしましょう。
さらに日焼け止めで紫外線をカットする事も大事です。

既にできてしまったシミを消す事はなかなか出来ませんが、お肌に良い食品やサプリメントを摂取する事で、シミを薄くする事は可能です。上手に摂取してこれから出来るシミを予防し、できてしまったシミを薄くして行きましょう。

シミに効くサプリメント

ビタミンA

ビタミンAは老化を防ぐのに役立ちます。
粘膜や皮膚などを健康に保ち、体の防御力ともいえる免疫が正常に機能するのを助けます。
ビタミンAは皮膚の細胞を作るのに必要なビタミンで、これが不足すると肌がカサついたり、肌荒れを起こしやすくなったります。

ビタミンB2

ビタミンB2は老化を防ぐのに役立ちます。
細胞の再生や成長を促進するビタミンが、ビタミンB2です。
皮膚を保護して発育を助ける事から「美容のビタミン」とも呼ばれています。
ビタミンB2が不足すると、肌が荒れたり、鼻の回りにぶつぶつができる、口内炎や口角炎になりやすい、目が充血してごろごろするなどの症状が現れやすくなります。

ビタミンC

美肌ビタミンのなかでも一般的なのがビタミンCです。
抗酸化作用でお肌の老化をおさえる働きがあるほか、他の栄養素の吸収を助ける働きがあります。
特にコラーゲンと一緒に摂取する事で、コラーゲンの生成を助け、美肌を保つ事ができます。
ビタミンCにはメラニン色素の生成をおさえる効果もあるので、
紫外線によるシミやそばかすの予防にもつながります。

ビタミンE

お肌の新陳代謝を促す効果があります。
ビタミンEは代表的な抗酸化ビタミンの1つで、
「体の老化を防ぐ若返りのビタミン」とも呼ばれています。
活性酸素を除去する抗酸化作用により、脂肪が酸化してできる過酸化脂質と呼ばれる、
体に老化現象など悪影響を及ぼす有害物質の生成をおさえる働きがあるのです。

コラーゲン

メラニンの生成をおさえ、アンチエイジングの効果があります。
皮膚の真皮(新しい皮膚を生成する部分)は約70%がコラーゲンで出来ています。
真皮は肌の潤いや弾力の源となっています。
コラーゲンの新陳代謝がターンオーバーのサイクルを整え、
シミ、シワ、肌荒れといった肌の老化のトラブルを防ぐのです。

しみに効くスキンケア

ビタミンC誘導体の入った化粧水や美白効果のある化粧品などを使うと、
素肌に吸収さてメラニンの生成をおさえてくれるのでシミの予防、対策にも効果的です。

いかがでしたか?

簡単に摂取できるサプリメントと、対策をご紹介させて頂きました。
しかし美肌生活の基本はバランスの良い食事と、スキンケア、運動、睡眠です。
サプリメントは補助的なものと考えて、基本の美肌生活を送る事を心がけましょう♪


Ads by Google



サイト内検索