世界一の美女を創るエリカ・アンギャルの10のダイエットルール

エリカアンギャル

ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントとして一躍有名になったエリカ・アンギャル。
知花くららや森理世、宮坂絵美里など歴代のミス・ユニバースが実践して来た美人のダイエットルールをご紹介します。


Ads by Google

エリカ流、美人のダイエットルール

食日記をつける

自分の体に合う食事を見つける為にも、食日記を付けてみましょう。
食日記を付ける事で食べ過ぎをおさえる効果もありそう。

カロリーより栄養価

キレイに痩せる為には、カロリーよりも栄養価を気にしましょう。
カロリーが低いから減量に効くわけではありません。
低カロリーでも、血糖値が急に上げる食べ物は太りやすいですよ。

ダイエットはライフワーク

ダイエットを「3ヶ月間がんばる!」など短い周期で考えない事。
食事量を短期間で減らすと、体は反動で沢山食べたい心理に陥っていまい、結局リバウンドを繰り返すことになります。
ダイエットはライフワークと考えて、毎日無理無く続けられるスタイルを考えましょう。

100%を目指さない

健康的な食生活を100%目指そうと思わないで下さい。
大好きなケーキを我慢してストレスを溜めるよりも、たまには好きな食べ物で息抜きをする方が長続きします。

8割がんばったら、2割は息抜きしましょう。

朝食は王様のように食べる

欧米には「朝食は王様、昼食はプリンス、夕食は貧者のようにたべなさい」ということわざがあります。
代謝が活発な朝と昼食は食事をたくさん食べても大丈夫です。
逆に消化機能がダウンする夜にたくさん食べると、太りやすくなってしまいます。

間食だって問題なし!

空腹時に食事をとると血糖値が急上昇し、太りやすいからだになってしまいます。
間食して少しお腹を満たす方が血糖値の上昇は穏やかに。
間食には、ドライフルーツやアーモンドをお勧めします。

食事代わりの甘い物はダメ

甘い物を食事代わりにしてしまうと、血糖値が急激に上昇して、シュガーハイという状態になり、さらに甘い物を求めてしまうようになります。

白より茶色い食べ物を

白砂糖より黒糖、食パンよりライ麦パン、白米より玄米。
このように精製された白い食べ物は、消化吸収しやすいので、血糖値を急激に上げてしまいます。
精製されていない食品は食物繊維が豊富で消化に時間がかかるので、血糖値の上昇を緩やかにする食材なのです。

睡眠はなによりのダイエット

7〜8時間の十分な睡眠でホルモンバランスを整える事が美の秘訣です。

良質な油が肌を輝かせる

女性は油を「太るもの」と極端に怖がりますが、人間の細胞膜は脂質で形成されるているので、良い油をとると細胞の栄養吸収率がアップして肌もつややかになります。

魚に含まれるDHAやEPA、上質のオリーブオイルは美容と健康に良い油なので安心して取り入れて下さい。



Ads by Google



サイト内検索