ニキビやシワ・シミにも!美肌に万能なビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

皆さんは、ビタミンC誘導体というものをご存知ですか?
実はビタミンC誘導体は、ニキビ、シミ、シワ、毛穴のたるみ、皮脂分泌の抑制など、あらゆる肌悩みに対応しているんです。
ビタミンC誘導体の効果を理解して、スキンケアに取り入れてみましょう。


Ads by Google

ビタミンC誘導体って?

ビタミンC(L-アスコルビル酸)は、強力な抗酸化作用があるのですが、肌に吸収されにくいんです。これを、浸透しやすい形に改良したものが、ビタミンC誘導体です。
角質層への透過を良くし、肌に吸収されてから、メラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化します。

しかも、長時間活性を持続する性質があります。

ビタミンC誘導体の種類

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 脂溶性ビタミンC誘導体
  • 進化型ビタミンC誘導体

があり、それぞれの特徴を持っています。

ビタミンC誘導体の効果

ニキビのできにくい肌に

ビタミンC誘導体には、若干ではありますが皮脂を押さえる効果があり、ニキビ予防に役立ちます。また、ニキビ跡の赤みを薄くする作用も期待できます。

シミやシワにも効果が!

メラニンの生成をおさえながら、新陳代謝をアップしてメラニンの排出を助け、色素沈着の改善を促します。
美白効果はもちろん、長期間使用することによるしわやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待されます。
コラーゲンの生成を促進する効果もビタミンCの特徴です。
シワやハリの改善も期待されます。

ビタミンC誘導体の種類を詳しく説明します

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体の特徴としてまず挙げられるのが即効性です。短期間で皮膚に吸収されてビタミンC本来の効果が期待できます。
リン酸アスコルビルナトリウムリン酸アスコルビルマグネシウム等があります。

デメリットとして、皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しやすい肌になったり、敏感肌の人には逆に乾燥しやすくなったり、また、刺激を与えてしまうこともあるようです。なので、保湿も忘れずにしましょう。

脂溶性ビタミンC誘導体

敏感肌・乾燥肌の方や、大人のトラブル肌の改善に有効なビタミンC誘導体です。
水溶性に比べて即効性はありませんが、水溶性ビタミンC誘導体よりも皮脂膜や角質層への吸収率が高いという性質があります。

高い濃度でも刺激が少なく、安定性にも優れているなどの特徴も持っています。また、効果の持続性も水溶性ビタミンC誘導体に比べて高いようです。
保湿性も高く、肌を乾燥から守る効果も期待できます。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビルパルミチン酸アスコルビルがあります。

進化型ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体の最大の特徴、即効性と、脂溶性ビタミンC誘導体最大の特徴、真皮への浸透力をあわせ持っています。さらに、脂質にも水分にも良くなじみ角質層への浸透力にも優れ、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われているほどです。

いかがでしたか?

ビタミンC誘導体ってすごいですね!
これからスキンケア商品を買うときは、成分表示をチェックしながら買ってみてはいかがでしょうか。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索