急な頭痛を5分で和らげる方法

急な頭痛を5分で和らげる方法

日常生活において突然起きると本当に困る「頭痛」・・。
家事をしているとき、仕事をしている途中などに激しい頭痛が起きると、
なんだか働く気も全くなくなり、考えるのは頭痛のことばかり。
痛み止めはあまり飲みたくないけど、飲まないと動けない・・。
そんな方にぜひ使ってほしい方法があります。


Ads by Google

急な頭痛を5分で和らげる方法

家事をしているときや楽しく遊んでいるとき、
取引先との大事なミーティングのとき、
痛み止めを飲めない(飲みたくない)時にお化粧室で実行できる方法、
即効頭痛を緩和するテクニックです。

やることはこれひとつ!

髪の毛を上に強く引っ張る

これだけで急な頭痛を緩和することができます。
髪が抜けそうになるくらい強い力で引っ張るのがポイントです。

なぜ引っ張るの?

頭痛の原因は、目や肩などにストレスが集中してかかる事により血行が悪くなり、疲労物質が溜まるというもの。
パソコンなど長時間モニタなどに向かって作業する人に多いです。

これが緊張型頭痛と呼ばれているものです。
そして、耳にする事も多い片頭痛の原因はストレスや緊張などにより脳が刺激を受けると、血管を収縮させる作用を持つセロトニンが多量に放出され、脳の血管が収縮し、その後の急な血管拡張により痛みが生じるというもの。

つまり血行をよくすることが頭痛の緩和につながるというわけです。

急な頭痛(片頭痛)の特徴

こめかみから目にかけて、
時に両側や後頭部が脈打つように痛みます。
頭や周辺の血管がなんらかの理由で炎症を起こす
ことにより痛みが発生します。

  • 親子で遺伝することが多い
  • 平均月に2~6回、発作的に痛みが起こる
  • 痛みの出始めは脈拍に合わせて痛む
  • 原則30歳までに発症
  • 日常生活に支障をきたすこともある
  • 生あくびや首すじの張りなどが先行

メカニズム

実は片頭痛の原因は完全には解明されてないのだとか。
諸説でているのですが、その中でも代表的ものが
血管説。ストレスによる血流の悪さから頭痛が起こるというものです。

いかがでしたか?

ぜひ試してみてください。
でも痛みを強く感じるときは早めに休んでゆっくりしてくださいね!(*^_^*)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索