乾燥が気になる人必見!保湿力ナンバーワンのセラミド

乾燥肌セラミド

そもそも保湿されている肌ってどんな肌なんでしょう?
自分では保湿したつもりでも、間違った保湿ケアをしていたり、オイリー肌だから…といって化粧水のみだったり。
保湿について一から見直すことでうるおい美肌を目指してみましょう。


Ads by Google

肌が潤っているってなんだろう?

潤っている肌とは、肌がみずから”保湿物質”を作り、角層内に水分を蓄えておける状態のことなんです。
角層の水分を守っている保湿物質には、”皮脂”、”天然保湿因子”、”セラミドなどの角質細胞脂質”の3つがあります。これらが助け合いながら、水分をキープしているのです。
角層の水分のうち、80%以上はセラミドなどの角層細胞脂質が、16~17%は天然保湿因子が守っています。
皮脂はなんと2~3%と水分を守る力は非常に小さいんです。
なので、セラミドなどの角質細胞脂質が、肌の水分を守る最大のカギといえるのです。

セラミドって?

本来、水と脂質は結合しないのですが、セラミドは水と結合し、その水は蒸発もせず、凍ったりするこもないという性質を持っています。セラミドは、あらゆる環境に対応する、保湿のスターなんです。
また、セラミドは角層の細胞と細胞をつなぐ役割もしています。
このセラミドが水分を挟み込み、さらに細胞と細胞をしっかりと接着しているからこそ、肌は水分をキープしていられるのです。

加齢によって減少するセラミド

角層の中でパワフルな水分保持力を発揮するセラミドですが、歳を重ねるごとに減ってしまうんです。
しかも、加齢で減っていくセラミドを体の中から作り出すことは困難なので、セラミドは化粧品で補うしかありません。
セラミド配合の化粧品を使えば、確実に肌の水分を増やすことができます。

セラミド配合の化粧品の選び方

人間の皮膚には、約6種類のセラミドがあることが現在わかっています。
このうちとくに保水力が優れているのが、”セラミド1”、”セラミド2”、”セラミド3”です。
このいずれかが入っているものを確実に選ぶことが最優先です。
しかし、セラミド配合の化粧品は比較的高価です。
極端に安いものは極微量しか含まれていないこともあるので、全成分表示を確認することが大切でしょう。

セラミドと同じタイプの保湿成分

セラミドには手が届かない…って方もいらっしゃると思います。
セラミドが水分をキープできる最強の保湿成分ですが、セラミドと同じ、水分をはさみ込むタイプの成分をご紹介します。

  • スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)
  • 水素添加大豆レシチン
  • ステアリン酸コレステロール

いかがでしたか?

セラミドは私たちのお肌に欠かせない、重要な成分なんですね。
保湿の意味を十分に理解して、乾燥知らずのお肌になりましょう!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索