こんな癖がスタイルを崩す!8つのチェックポイント

あなたが日ごろ何気なくとっているポーズ、無意識にやっている行動・・・それらが、あなたのスタイルを崩してしまっているかもしれませんよ。

あなたが日ごろ、スタイルを崩すようなことをしていないか、さっそくチェックしてみましょう!


Ads by Google

スタイルが崩れる原因となるものはこれだ!

  1. 電車で立つ時は柱やドアにもたれかかっている
  2. テレビを見るときはいつも横を向いて見ている
  3. ひじをついて横にゴロンと寝ている
  4. バッグをかける肩はいつも同じ
  5. 何気なく立っている時、重心をかける足がいつも同じ
  6. ひじ置きのあるイスに座ると、気がつけばいつも一方のひじ置きだけにひじを置いている
  7. 足を組むクセがある。
  8. ウエストを締める服をほとんど着ない。いつもウエスト部分はゴム

あなたのスタイルが崩れてしまう理由

骨盤がゆがめば骨格全体のバランスが崩れる

さて、あなたはどれだけの項目にチェックが入りましたか?
ハッキリ言って、ひとつでも思い当たるものがあれば要注意です。

チェック項目の1~7については、骨盤のゆがみによってスタイルが崩れるパターンです。
骨盤は、骨格の軸となるもので、背骨もこの骨盤に支えられています。
ですから土台である骨盤がゆがむと背骨もゆがみ、骨格からスタイルが崩れていく、ということになるわけです。
左右均等に負荷をかけるように心がけること、決して足は組まないこと、まずはそこから改善していきましょう!

ウエストが「崩れ」に気付かないような服は危険

さて、チェック項目の8、「ウエストがゴム」というのについては、一見「何が悪いの?」と思われるかもしれませんね。

「別に太らなきゃいいでしょう」というのは、その通りです。
ですが・・・基本的に人の体というのはサボリたがりです。
だからゴムでゆったりしたウエストは、あなたが何もしていなくても、筋肉がじょじょに「プロポーション維持」をさぼってしまうんですよ。

それに何より、ゴムは伸縮性があるだけに、多少ウエストが太くなっても本人はなかなか気付きません。
つまり、「あなたが知らない間にスタイルが崩れていくというリスクが高い」ということなんです。

ただし、妊婦さんのようにウエストを締め付けたらいけない人はこの限りではありませんよ!
出産後にそのままゆるゆるの服を着ている人も多いということなので、それは更に崩れの原因に!出産後は気をつけるようにしましょう♪

いかがでしたか?

思い当たる項目が多かった人は、結構ショックだったかもしれませんね。
でも、これらのチェック項目は、自分できちんと意識すれば改善できるものばかりです。
引っかかってしまった項目はしっかりと改善して、スタイルの崩れをストップさせましょう!(^O^)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索