3大栄養素を体脂肪にしないための食べ合わせ

ダイエット食を食べるだけのダイエットは、やっぱりツラくて続けにくいですよね。

できれば、なるべく普通に食事をして、それをダイエットに結び付けたいもの。
そんな時は「食べ合わせ」を工夫して太りにくくするのも、ひとつの手ですよ。

カロリーが高い3大栄養素である「たんぱく質」「炭水化物」「脂肪」を体脂肪にしないための食べ合わせをご紹介しましょう!


Ads by Google

これで怖くない!3大栄養素

たんぱく質は香辛料と一緒に

3大栄養素の中でも、たんぱく質は「体脂肪になりにくい」栄養素です。
ほとんどは筋肉の原材料として使われます。
ですから、実はたんぱく質に関しては、食べ合わせを考えなくても、それが体脂肪になる心配はほとんどありません。

ですが、できることなら筋肉を活性させて、体脂肪の燃焼効果を高めたいものですよね。
そんな場合は、調味料をコショウ・にんにく・トウガラシなど、刺激性の高いものを使って調理するのがおすすめです。

  • こしょう
  • ニンニク
  • とうがらし

炭水化物は食物繊維と一緒に

大好きなお菓子だけでなく、お米やパンなど、主食にも含まれている炭水化物。
炭水化物は主食として体が摂り慣れているだけに、ダイエットの際、炭水化物の摂取を極端に減らすと特にストレスが溜まりやすく、リバウンドの原因となってしまいます。

炭水化物のエネルギーを体脂肪にしないために有効なのは、水溶性食物繊維です!
水溶性食物繊維は、炭水化物の糖質をからめとり、吸収を緩やかにしてくれる効果があります。
ですから、こんな工夫をしてみるといいですよ。

  • ご飯は白米ではなく玄米・または発芽玄米にする
  • わかめたっぷりのみそ汁やひじき・もずくなど、海藻類と一緒に食べる
  • パンは白い食パンではなく、ライ麦パンや全粒粉パン、フランスパンなどを食べる
  • お菓子を食べる時は、食物繊維の粉末を飲み物に入れる

ダイエット最大の大敵・脂肪はとにかく燃やそう!

脂肪が多い食事をせざるを得ないときは、代謝と燃焼率をアップさせる効果があるビタミンB群を摂取するのがおすすめです!

私のイチオシ食材は、卵と納豆。
卵と納豆は、ビタミンB群が豊富なだけでなく、カロリーが低いわりに食べごたえもありますから、メイン料理の食べすぎを防いでくれるという効果まで期待できちゃいます。
ただし、卵は油を吸いやすいので、「油をたっぷり使った卵料理」にしてしまっては意味がありません。
気をつけて下さいね!

いかがでしたか?

いずれもちょっとした工夫ですが、毎回の食事で気をつけるかつけないかで、大きな差となってきますよ!
是非試してみて下さい☆


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索