ピルの種類と飲み方の基本

ピル

生理前になるとできるニキビが解消されたり、生理痛が軽くなったりと、避妊以外にもメリットがあるピル。
いざ処方してもらおうとなったときに、事前に知っておいたほうが良いピルの種類と、飲み方をご紹介します。

ピルの種類

ピルは女性の月経周期に合わせて、21日間飲んで7日休むという28日間周期が基本となっています。
ピルの種類はいくつかありますので、処方してもらう時は確認し、希望も伝えると良いでしょう。

21錠タイプ

生理が始まった日から服用を開始し、21日間服用し、その後7日間服用を休止します。休止してから3〜4日で月経のような出血があります。
28日を一周期として、7日間の休みが終わったら新しいシートに服用を開始します。

28錠タイプ

飲み忘れを防ぐ為に最後の7錠は成分の入っていない錠剤(プラセボ錠)がついています。
21錠タイプと同様に生理の開始日から服用を開始し、28日間服用します。
プラゼボ錠服用中に月経のような出血があります。

ピルの飲み方

基本的な飲み方

ピルは生理が自然に始まった日から毎日同じ時刻に21日間飲みます。
毎日朝食後の8時頃に飲むと決めれば、次の日も朝食後の8時頃に飲んで下さい。
ご自身が習慣にしやすい時間帯を設定すると良いでしょう。
21日間ののち7日間服用を休止します。
このとき飲み忘れ防止のために成分の入っていないプラゼボ錠を服用し続ける種類のピルもあります。
服用を中止してから3〜4日で月経の様な出血があります。

月経をずらす飲み方

ピルを飲んでいるといつ月経のような出血があるのか簡単に予測できるようになります。
もしスポーツ、旅行などに重なってほしくない場合は、月経の様な出血をずらす事が可能です。
ピルの服用を中止する予定の7日間も次のシートのピルを飲み続け、レジャーが終わった後に7日間の休止をします。
その後は新しいシートのピルを21日間飲むという流れになります。

もちろんピルを服用中でないときも、できるなら月経をずらしたいという場合もあると思います。2〜3ヶ月前から準備すれば月経をずらす事は可能ですので、事前に婦人科に相談してみましょう。

飲み忘れした時の対処法

24時間を超えているかいないかで変わってきますが、どちらの対処法もピル2錠分を服用することになりますので、吐き気などの悪心が強く現れる場合があります。飲み忘れの対処法は事前に先生と相談しておきましょう。

24時間以内

飲む予定の時刻から24時間以内であれば、気づいた時に1錠飲んでください。
その後はいつもの時刻に1錠飲んで下さい。

24時間を超えている

避妊のためにピルを服用している場合は、服用を7日間一旦中止して、別の避妊法に切り替えて下さい。この間に月経が来ますが、この期間は避妊が確実ではないため別の避妊法を併用して下さい。7日間後は新しいシートのピルの服用を開始して下さい。

避妊以外の目的でピルを服用している場合は、気づいたときに2錠飲み、次の日からは予定時刻に1錠飲むと良い場合があります。婦人科の先生の方針により異なる場合がありますので、確認しておきましょう。

いかがでしたか?

女性の悩みを軽減してくれる頼もしい薬の存在を知るだけで、選択肢が広がりますね。
是非参考にしてみて下さい♪


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索