眼精疲労を改善して、つらい慢性肩こりを解消しましょう!

慢性的な肩こりの大きな原因として「眼精疲労」が挙げられます。
「眼精疲労」は、単なる「眼疲労」と違って、目を休ませれば解消するものではありません。
つらい慢性肩こりから解放されるため、「眼精疲労」の情報や解消法をご紹介します。


Ads by Google

眼精疲労について

眼精疲労と眼疲労は、最初は同じように疲れ目、眼の乾き、かすみ目などの症状です。
しかし、眼疲労は睡眠や目の休息で改善されますが、眼精疲労はそれだけで改善することはなく、肩こり、頭痛、めまい、吐き気などまで症状が広がります。
つまり眼精疲労は眼疲労を起こす小さな原因が重なり合って、目の負担が増えて発生するものといっていいでしょう。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因は、もちろん眼の酷使ですが、実は他にもあります。

  • 目の酷使による眼疲労(眼の筋肉の緊張や水晶体の疲れ)
  • 目に何かの病気がある(近視、乱視、ドライアイ、緑内症、眼瞼下垂)
  • 身体の病気が目に現れている(インフルエンザ、虫歯、歯周病、耳の病気)
  • 精神的なストレスの影響(自律神経失調)

眼精疲労で怖いのは、他の病気から眼精疲労が発生するという点です。

眼精疲労の症状

眼精疲労は、目だけでなく身体にも症状がでます。

  • 目の症状…疲れ目、かすむ、重い、しょぼしょぼする、充血、涙目、まぶしい
  • 身体の症状…肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気

このような症状が長期間続くようであれば、「ただの目の疲れ」などと甘く見ないで早目に専門医の診察を受けましょう。

眼精疲労の解消法

慢性的なつらい肩こりを解消するには、まず眼精疲労を改善することですね。
眼精疲労は、重い場合は専門医の治療が必要ですが、そうでなければ自分で症状を緩和することも可能です。

眼精疲労解消 生活編

  • 眼精疲労以外の病気が隠れていないかを調べる
  • メガネがあっているかをチェックする
  • 目を使うときの環境(照明、姿勢、作業時間)や睡眠時間の維持など生活を改善する
  • 蒸しタオルで目や肩を温めて血行をよくして、目や首の周りをマッサージする
  • 遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる
  • 紫外線による影響を防ぐため、外出にはサングラスをかける

眼精疲労解消 食事編

  • アントシアニン…ビルベリー、ブルーベリー、黒豆、ぶどう、紫イモ、しそ、赤キャベツ
  • ビタミンA…レバー、うなぎ、あんこう肝、にんじん、銀だら、ほたるいか、ほうれん草
  • タウリン…イカ、タコ、ホタテ、サザエ、マグロ、アサリ

その他、ビタミンCは目の粘膜をつくって水晶体の老化を防ぎ、ビタミンB1は視神経の働きを高める作用があります。

眼精疲労解消 サプリメント編

  • ブルーベリー
  • ルティン
  • カシス
  • セレン
  • ビタミンA、C、E
  • DHA、EPA

サプリメントは薬ではないので、あくまでも食事の補助栄養として愛飲しましょうね。

いかがでしたか?

目の疲れだけでは済まない眼精疲労。
早め早めの対策が、慢性の肩こり解消へとつながっていきます。
仕方ないとあきらめずに、まずは眼精疲労改善にしっかりと取り組みましょう!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索