【化粧品成分】アルブチンでシミ、ソバカスを防ごう

皆さんはシミ、ソバカスに悩んでいませんか?
美白になれる成分の一つとして、アルブチンがあります。
アルブチンについて詳しく学んでいきましょう!


Ads by Google

アルブチンとは?

アルブチンとは、美白効果があるとして知られているハイドロキノンの糖誘導体のことです。
メラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制し、シミ・ソバカスから肌を守る作用があります。

α-アルブチン

α-アルブチン(アルファアルブチン)は、チョコレートで有名な江崎グリコが開発した独自の配糖化酵素により、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた物質です。
これがメラニンを作るチロシナーゼに働きかけることで、メラニンを作らせない効果があるといわれています。
アルブチンには、β-アルブチンとα-アルブチンがあり、β-アルブチンは昔から美白効果があるとされ、多くに利用されてきました。

しかし近年になり、α-アルブチンにはβ-アルブチンの10倍もの美白効果があることがわかり注目を集めています。
また、肌への刺激もほとんどなく安定した成分ということもわかっています。

β-アルブチン

ウワウルシ、ナシなど、ツツジ科のハーブに含まれるフェノール配糖体の事です。
α-アルブチンに比べるとメラニンの生成抑制効果が10分の一とも言われています。
一般的にアルブチンというとコチラのβ-アルブチンをさすことが多いです。

アルブチンの化粧品の選び方

アルブチンの美白効果は非常に高く、しみやそばかす、日焼けによる肌のくすみによく効くようです。
一般の安い美白化粧水はビタミンC誘導体という美白成分なんです。
アルブチンはビタミンC誘導体よりも効果が高いとされていて、チョット高めの化粧水がアルブチン配合の化粧水なのです。
アルブチン配合の美白化粧品はたくさん市販されていますが、購入の際には、含有されているのがα-アルブチンなのか、β-アルブチンなのか確認する必要があるでしょう。
またアルブチンは、ビタミンCと一緒に使えばさらに効果的です。
なので、ビタミンCとアルブチンが配合された化粧品も販売されていますので、こちらもチェックしてみるといいでしょう。

いかがでしたか?

美白効果はビタミンC誘導体よりはるかに高いのですね。
美白効果を早く実感したいという方は、多少値が張りますが、アルブチン配合の化粧品を試して見ましょう。

美肌マニアは成分から化粧品を探すことができますよ!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索