敏感肌の人の為の正しいクレンジング方法

敏感肌をこれ以上敏感にさせないためには、まずは何より「クレンジングで肌にかける負担を極力減らすこと」が大切です。

この機会にぜひ、クレンジングを見直してみましょう!


Ads by Google

肌トラブルを起こさないためのクレンジング

肌に優しいクレンジング剤を選ぼう!

クレンジングによる肌への負担を軽くするには、まずはなんといってもクレンジング剤そのものが、負担が軽いものであることが必須条件です。

敏感肌の人にとって、特に避けたいのは拭き取りタイプのクレンジング。拭き取り時の摩擦が、肌に傷をつけてしまう可能性があるからです。
摩擦がもっとも少ないクレンジング剤といえばオイルタイプですが、その反面オイルタイプは洗浄力がとても強いので、敏感肌の人にとってはその洗浄力が肌への負担となる可能性も。

クレンジング剤はそこまで洗浄力が強くなくてもいいんですよ。
だってあとから洗顔するわけですから!
クレンジングの時点では「メイクが浮けばいい」というわけです。
トータル的なバランスを考えると、ミルクタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプあたりがおすすめといえるでしょう。

量をケチらずたっぷり使おう

高級なクレンジング剤を使っている人によくありがちなのが、「もったいないから少しずつ」と、量をケチってしまう使い方。

クレンジング剤の量が足りないとメイクがちゃんと浮かないこともありますし、無理に少ない量を肌になじませようとゴシゴシ指でこすることも肌への大きな負担となります。
スッと顔全体に行き渡るだけの、十分な量を使いましょう!

必ず洗顔をすること!

「このクレンジングだけでキレイにメイクが落ちるし、肌への負担を考えたら、このあとの洗顔はしないほうがいいよね」なんて思ってはいませんか?
実はこれは大きな間違い。
クレンジングをしたあとの洗顔は必須です!
なぜならクレンジングの役割は「メイクなどの脂汚れを浮かせる」ことであって、洗い流すことではありません。
クレンジングで浮かせた脂汚れを、洗顔でしっかりと洗い流して清潔な肌にしてこそ、次の肌のターンオーバーがスムーズにいくんです。

また、洗顔せずにクレンジングの油分が肌に残っていると、それが肌トラブルを引き起こしてしまうというケースもあります。
クレンジングのあとは、必ず洗顔をしましょう!

いかがでしたか?

クレンジングだけですべての汚れを念入りに落とそうと頑張っていると、それがかえって負担になることもあります。
このあとに洗顔もするわけですから、「クレンジングだけでの汚れ落とし」にはあまりこだわらず、手早くおこないましょう!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索