目の下の白いポツポツの正体&治す方法

 

目の下に白いポツポツを発見した経験はありますか?
ニキビのようで、ちょっと違うような・・・でも目の下だからとても気になりますね。
そんな白いポツポツの正体と治す方法をご紹介しましょう。


Ads by Google

正体は稗粒腫(はいりゅうしゅ)

白いポツポツは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」と考えられます。
稗粒腫は、主に目の周囲に生じる直径1~2mm以内の袋で、中には角質が入っていて、白色の小さな粒のように見えます。

皮膚の浅い所にできた小さな角質の塊で、「脂肪の塊」という表現する場合もあります。
良性腫瘍なので特に心配はありませんが、やはり顔にできるポツポツはいやですね。

その稗粒腫の原因や治療法をおさえておきましょう。

原因

毛穴の奥にある毛包(もうほう)という袋や、皮脂をつくる腺の未発達なものに角質がたまって生じます。
体質的なものも関係し、比較的若い女性に多いようです。
甘いものや脂っこいものとか過剰にとったりすると、ポツポツと出てくるということもあります。

症状

目の周りにできるのが特徴で、白ニキビと間違えられることも多いようです。
しかしニキビと違って、炎症をおこしているわけではないので急いで治療する必要はないです。
ほおっておいてしばらくすると自然に治りますが、稗粒腫の数が増えることはあります。

稗粒腫(はいりゅうしゅ)の治療法

稗粒腫は、その中から角質の塊を外に排出すれば綺麗に治ります。

ニキビの膿を出すような器具で一つ一つ押し出して取っていきます。
自分でこのようにして治す人も多いです。

自分で行うのに抵抗のある場合は、「皮膚科」もしくは「形成外科(美容皮膚科)」で治療することになります。
皮膚の内科的な診療は「皮膚科」で、皮膚の外科的な診療は「形成外科」で行っています。

稗粒腫の数が多いとレーザー治療などを用いることもありますが、保険適応外になることもあるので確認しましょう。

いかがでしたか?

稗粒腫は、放置しておけばほとんどの場合、自然に治ります。
特に対策もなく、食生活の乱れくらいを気にかける程度ですね。
どうしても気になる場合にだけ、治療を考えればいいと思います。

ニキビ用のピーリング化粧品など、自宅で出来る簡単ケアとして一度試してみるのもいいでしょう。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索