小顔美人になれる!チークの塗り方の基本

小顔美人になれる!チークの塗り方の基本

ほんの印象がパッと明るくなり、表情が華やぐチーク。
知的な印象もキュートな雰囲気も、かもし出すことができます。
変化自在のひとはけのパワーを、いますぐ味方につけましょう!


Ads by Google

チークの効果

小顔効果

色の視覚効果で、骨格を引き立て、メリハリを演出します。
そのため、スッキリとした小顔に見えるという、うれしいメリットがあります。

立体感強調効果

小顔効果に加え、色の演出でふっくら見せることも可能です。
この二つの相乗効果で、顔に程よい立体感が生まれます。

エイジングケア効果

年齢を重ねてくすむ肌や唇の色。
キレイ色のチークをサッとかけるだけで、パッと華やいで若々しく見える効果もあるのです。

チークのつけ方の基本

チークは基本的に、頬骨に沿って入れます。
黒目より内側、また小鼻の膨らみより下側にはのせないようにしましょう。
こめかみ部分にまでのせると、広げすぎなので注意しましょう。

1.チークカラーをブラシにとる

チークカラーをブラシで軽くなでるようにしてとります。
ブラシの両面につけるのがポイントです。

2.手の甲でチークの量を調節

ブラシを手の甲に軽くあて、チークの量を調節します。
ブラシに均一に粉を含ませ、塗りムラを防ぎます。

3.頬の高い位置からスタート

ブラシを頬骨の高いところに置きます。
にっこり笑ったときに最も高くなるところがスタート地点です。

4.何度か往復してなじませる

ブラシを寝かせながら、フェイスラインと頬骨の高いところの間を何度か往復させれば自然な仕上がりになります。

チーク

チークの疑問

チークがNGなときってあるの?

チークは女性をキレイに見せる万能なアイテムですが、実は使わないほうがいいときもあります。
その代表が、お葬式など悲しみの日です。
気持ちを表すためメイクはファンデーションと眉程度にとどめ、チークは控えめにするのが一般的です。

失敗チークのカバー法ってあるの?

失敗チークブラシでぼかしてしまおうとしても、範囲が広がるばかりなので、逆効果です。
また、ファンデーションでカバーしようとするのもご法度です。
コットンやティッシュなどで修正したい範囲をそっと優しくなでてください。
軽くオフしてやり直すのが、実は近道なのです。

いかがでしたか?

チークの基本を今回はご紹介しました。
間違った方法だと、チークだけが目立ってしまうので、気をつけましょうね。
チークで第一印象を変えましょう!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索