紫外線対策しよう!正しいUVケアのやり方

おしゃれに紫外線対策

「紫外線はお肌の大敵」とわかっていながら、うっかり日焼けをしてしまったり、UVケアが毎日できていなかったりする人も少なくありません。
それは紫外線の恐さをわかっていないからではないでしょうか。
今回は紫外線について説明します☆


Ads by Google

シミ・シワ・たるみを招く紫外線の恐怖

紫外線の恐さは、ズバリ、肌の老化を早めることです。
紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとメラニン色素をつくり出しますが、それがうまく排泄されないと、シミの原因になります。
また紫外線は真皮まで到達して、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけることもあります。
それがシワやたるみの原因です。

対策をしていないと老化につながる!

紫外線の対策をしているか、していないかで5年後、10年後の肌は大きく変わっていきます。
紫外線は暑さやまぶしさがないため、どのくらい肌が紫外線を浴びているのか実感できません。
そこが紫外線の落とし穴なのです。
まだ大丈夫だと油断をしていると、ダメージは日々蓄積され、ある日突然、肌老化として急に現れるのです。

日焼け止め化粧品は塗る量に注意

日焼け止め化粧品の効果は、塗る量が少ないと当然下がります。
日焼け止め化粧品のSPF値は、実際に人間の皮膚を使って測定します。
その際に使用される量は、皮膚1平方cmあたり日焼け止め化粧品2mg。
つまり、日焼け止め化粧品に表示されているSPF値は、そのぐらいの量で塗った場合の数値です。
ところがそれはかなりの量で、実際に使っている量は、平均的にその約4分の1と言われています。
その場合、効果は約20分の1に下がってしまうのです。

どのくらい塗ればよいの?

しかし、日焼け止め化粧品をたくさん付けづぎるとベタついてイヤという方もいるようです。
その場合は、頬骨あたりだけ少し厚めに塗りましょう。
紫外線によるシミは、頬骨あたりからでき始めることが多いからです。

日焼け止め化粧品の上にはパウダーファンデを重ねる

より確実に紫外線をカットするには、日焼け止め化粧品の上に、パウダーファンデを重ねると効果的です。
パウダーファンデーションの色粉は、紫外線散乱剤と似ているからです。
とくに日焼け止め効果をうたったものでなくても、UVカット効果があるといわれています。
リキッドやクリームタイプは界面活性剤の配合量が多く、肌荒れの原因になることがあるため、普通のパウダーファンデを選ぶほうが良いでしょう。

いかがでしたか?

紫外線はシミだけでなく、シワやたるみの原因にもなるのです。
将来のことを考えて、毎日正しい紫外線対策をしましょうね。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索