日焼け後のお手入れは体の中と外から行いましょう!

日焼け後のお手入れは体の中と外から行いましょう!

これからの季節は外でレジャーを楽しむ機会が多くなりますね。
しかし!そこにはもれなく紫外線がたっぷりです。
日焼け止め対策をしていても、お肌は確実にダメージを受けていますので、日焼け後は特別なケアが必要です。
そこで体の中からと外からの日焼け後ケア方法をご紹介しましょう。


Ads by Google

日焼け後の肌のお手入れ

屋外にいると、日焼け止めは汗などでとれてしまいますから、こまめに塗り直すことが大切です。
それでも日焼けをしたら、念入りなスキンケアでダメージを残さないようにします。
ではその方法とポイントです。

クールダウンで肌を冷やす

なにはともあれ、日焼けの肌のほてりを鎮めます。

  • 水風呂に入る
  • 冷却材や氷をタオルの上からあてる
  • 水分を摂る

そして忘れてはいけないのが、日焼けオイルやクリームをしっかりとることです。
石鹸やクレンジングできれいに落とさないとお肌のトラブルにつながりますので気をつけましょう。

お肌の水分補給

熱が放出されるときに水分も一緒に蒸発しますし、日焼け後の肌は乾燥しているので水分補給は重要です。

  • 化粧水やカーマインローションなどで水分補給をする(顔、体)
  • 水分補給後は乳液をつけて水分を逃さないようにする
  • パックや美白の美容液などでお手入れする

日焼けのお手入れは冷蔵庫で冷やした化粧水などを使うと効果的です。
水分不足はシワになりますから、たっぷりしっかり水分補給をしてください。

日焼け後の体の中へのお手入れ

日焼け後は、お肌だけではなく体の中からお手入れすることで、ケアの効果がさらにアップします。
日焼けが原因でシミやシワを増やさないためにも実践しましょう。

食べ物でケアする

紫外線は肌のみならず、細胞レベルでまでダメージを与えます。
そんなダメージには食べ物の栄養素でケアすることが一番です。

βカロチン かぼちゃ、にんじん、ブロッコリーなどの緑黄色野菜
ビタミンC 赤ピーマン、ゆずの皮、アセロラジュース、パセリ、レモン
ビタミンE アボカド、アーモンド、ナッツ、ひまわり油(植物油)

これらの食品は、抗酸化作用があり、またお肌の新陳代謝を促進してメラニンの生成を抑えます。

サプリメントでケアする

上記の栄養素を食事で摂るのが難しいようなら、サプリメントで補うのもOKです。

サプリメントで補う場合、紫外線対策で効果的な栄養素に「セレン」があります。
体の中で起こる紫外線の影響は、セレンを含む酵素、グルタチオンペルオキシダーゼの働き不足が主な原因です。
グルタチオンペルオキシダーゼという酵素は活性酸素をブロックする酵素なので、この酵素の力を高めるためにセレンが重要なのです。

また、体の中から紫外線の影響を抑えるには、紫外線が降り注ぎ始める時間帯である朝が肝心です。 
美しい肌のためには、朝食で必ずセレンを含む食品、またはサプリメントを摂るとよいでしょう。

いかがでしたか?

日焼けはしないに超したことはありませんが、活動的なシーズンを楽しまないのもつまらないですね。
デキる女子は、遊びもスキンケアもばっちりおこなうべし!
ということで、日焼けをしてしまったら、しっかりお手入れして夏のお肌を守りましょう。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索