サーキットトレーニングで太りにくい身体をゲットする方法

サーキットトレーニングジム

女性専用のサーキットトレーニングジムが人気です。
最大の魅力は、プログラムは30分という短時間で完了ということです。
これなら三日坊主の私でも続けられる!(笑)ということで、サーキットトレーニングについてご紹介しましょう!


Ads by Google

サーキットトレーニングとは?

ダイエットの最終目標は、太りにくい身体をゲットすることです。
これには、筋力量を増やす、有酸素運動をする、この2つが重要です。
そしてサーキットトレーニングとは、まさにこの2つが同時行えるのです!

サーキットトレーニングの魅力

トレーニング全工程が30分という短時間であるということ。
それでいながら、効果的にエクササイズが実践でき、体脂肪を燃焼しながら基礎代謝を上げられることが大きな魅力です。

1セット6~12種目のトレーニングを休息なしに連続して行うことで、全身の筋肉をバランスよく鍛え、その上脂肪燃焼効果が高いので、有酸素運動+筋トレが短時間で実現できる忙しい人向けのトレーニングといえます。

トレーニングの内容

筋肉量と増やす無酸素運動(筋トレ)と脂肪燃焼の有酸素運動(ジョギング、ステップ)を、30秒づつ交互に行っていき、30分で終了という内容です。

自宅でサーキットトレーニングする方法

用意するもの

筋トレには道具はいりませんが、有酸素運動には以下が必要です。

  • ステップボード
  • ウォーキングマシン、もしくはルームランナーなど

トレーニング法

有酸素運動は、ステップボードの上で軽く足踏みや上下軽く跳ねるなどのステップをします。
ウォーキングマシンがあれば、軽めのジョギングをします。

筋トレは、マシンを使わずに以下の運動を行います。
基本の筋トレ5種類を紹介しましょう。

スクワット 両手を頭の後ろで組み、上半身を曲げずに沈み込む運動
腕立て伏せ 両腕を肩幅程度に開き、しっかり伸ばした後、胸が床につく位両肘を曲げる
腹筋 両手を頭の後ろで組み、上方に起き上がる
バービー 直立の姿勢から、両手を床につけその直後に両足をそろえて後方に伸ばす。その姿勢から両足を両手の位置に戻し、再び直立姿勢に戻る
つま先立ち 直立の姿勢で足先をわずかに開き、両方のかかとをそろえた状態で上下運動を行う

つまり、スクワット30秒→ステップボードで足踏み30秒→腕立て伏せ30秒→ステップボードで足踏み30秒といった具合ですね。
休憩なしで30分行います。
このトレーニングは、30分連続して走っているのと同じ有酸素運動の脂肪燃焼効果があるということです。

サーキットトレーニングジムは?

最近話題のサーキットトレーニングジムは、そのほとんどが女性専用になっています。
スタッフはもちろんメンバー全員女性なので、その手軽さが安心で人気が高い理由になっています。

トレーニングの様子

ジムにもよりますが、6~12種類の油圧式マシンがあって、その間にステップボードがおかれ、マシンでの筋トレ、そしてステップボードで有酸素運動と交互に行います。
ステップボードの有酸素運動は、中央でインストラクターが一緒に行ってくれるので、真似して体を動かせば誰でもできます。
振付などがあるスポーツクラブのエアロビクスより断然簡単です。

そしてトレーニングは30分で終了。
トレーニング後は、ストレッチを行い、血圧や体重測定などのカルテを記入します。

いかがでしたか?

サーキットトレーニングを正しく行うと3ヵ月で身体が変わると言われています。
運動で最も重要なのは、負荷の重さで激しい運動をするより、負荷が軽くても無理なく毎日継続することです。
このたった30分を効率的に使って太りにくいボディを手に入れてみませんか?



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索