知っておきたい夏バテの原因と対処法

夏バテ対策

だるくてやる気が起きない夏バテは困ったものです。
しかし、そんな夏バテも毎日の生活をちょっと工夫するだけで防ぐ事ができます。
暑い夏を元気に過ごすため、夏バテの原因と対処法を知っておきましょう!


Ads by Google

夏バテの原因について

夏バテにははっきりした定義がなく、特徴的な複数の症状を総称して「夏バテ」とよんでいるようです。
では夏バテがおこる主な3つの原因をご紹介しましょう。

水分とミネラルの不足

夏は気温と共に体温も上がりますから、身体は汗をかいて体温を下げようとします。
しかしその汗には水分だけでなくミネラルも含まれていて、身体に必要なミネラル分も大量に失われます。
これにより身体は、脱水症状をおこすなど体調不良を発生させてしまうのです。

暑さによる消化機能の低下と栄養不足

夏バテの症状の代表といえば、「食欲がなくなる」ですね。
これは、暑いと胃の消化機能が低下してしまい、栄養吸収が悪くなり、食欲不振を起こしてしまうことが原因です。
また冷たい飲み物をとりすぎると、胃腸が冷えて胃の働きが低下し、さらに食欲がなくなってしまうというわけです。

暑さと冷房による冷えの温度差

冷房が効いた場所から、急に暑い場所へ出るという温度差の繰り返しが不調の原因になります。
これは体温を調節する自律神経が気温の変化に対応しきれなくなり、自律神経失調症をひきおこすのです。
自律神経失調症になると、めまいやたちくらみといった症状が出てきます。

夏バテ対処法

夏バテの原因がわかれば、対処法はこれらを改善すればOKというわけですね。
では、その対処法をご紹介しましょう!

正しい水分補給

水分不足を防ぐためには、意識的に水を飲む習慣をつけておくのがポイントです。
また、水分補給の量やタイミングも大切ですよ!

  • 1日およそ1.8~2.0リットルの水分補給を目標にする
  • とくに起床時・就寝前・入浴後は水分が不足しているのでしっかり水分補給する
  • のどが渇いたと感じる時には、すでに身体に水分が不足している状態なので、我慢しないですぐに十分な水分補給をする
  • 温かい飲み物を上手に取り入れる
  • 甘い物を飲み過ぎない
  • 食欲不振のときも水分だけは補給する

急激な温度変化を避ける

温度差による自律神経を守るためには、ちょっとした工夫で対処できます。

  • 室内と室外の温度差を5度以内にする
  • 寒い室内では冷えないよう上着を羽織る
  • 冷房の風が直接肌にあたらないよう、ハンカチやスカーフを首や肩に巻いておく

体を温める

冷房で冷えすぎた身体は、外側、内側からも温めることがポイントです。

  • 暑いからといってシャワーだけですますのではなく、40度以下のぬるめのお湯にゆっくりつかる
  • 体を温める効果のある食べ物を積極的に摂る
しょうが 食欲増進し、身体を温める作用がある
サバ 血管を拡張する作用があるので、身体の細部にまで血液が行き渡り体が温まる
みそ 大豆のたんぱく質は発酵する過程で吸収の良いアミノ酸に分解しているので、素早く小腸で吸収され、夏バテで消化力が衰えた人の栄養素になる

 

いかがでしたか?

夏バテ予防は、特別なことはありませんね。
ちょっとした工夫で十分可能です。

是非、取り入れてこの夏を夏バテ知らずで元気に過ごしましょう!


Ads by Google



サイト内検索